10月第1週
横浜校
9/30(火)13:30-20:30山本
デザイン工芸/石膏3時間
油画/石膏3時間
夜間彫刻/石膏3時間
*17:30~20:30石膏バトル参加者あり

10/1(水)13:30-20:30西村
デザイン/立体粘土
与えられたモチーフをテーマとして「文具」を作りなさい
粘土で見栄えのする形を考えて下さい
(モチーフは当日支給)

工芸/立体粘土
与えられたモチーフを台上に模刻せよ
台は「自然石」とする。
(モチーフは当日支給)

油画/素描
「人の顔」を描いて下さい(木炭紙)

夜間彫刻/塑像
友達(小林)の顔塑像12時間課題(3時間)

10/2(木)13:30-20:30菊地
前回何人かの3時間描きを見て、「形悪いけど描き味いいな」とか「顔似てないけど手数入ってるな」とか思ったんですが、
…よくよく考えると「形悪い」「顔似てない」は絶対落ちるし、3時間の時点で狂ってる形が残り時間で直っていくとも思えないので、
『出だし2時間を3枚。石膏はテキトーに4体』『幾何形体、相貫体など』

夜間油画
夜間彫刻
昼間部に同じ


10/3(金)13:30-20:30鶴田
10/3(金)
工芸科:立体/粘土
課題㈵ 13:30〜16:30 → 「はまぐり」の模刻+(任意の台)
課題㈼ 17:30〜20:30 → 「にんにく」の模刻+(任意の台)
*制作時間を考えて、任意の台は小さくて簡単なものでもよい。模刻に重点をおいて制作してください。とはいっても台の形体と模刻の関係性や構成の感覚は使うこと。
 
 
 
デザイン科:立体/粘土13:30〜20:30
「無重力」をテーマにつくってください。
*単に説明で終わらないように。そこに形として魅力あるか?を意識すること。
 
 
 
油画科:イメージ構成デッサン/木炭紙大画面13:30〜20:30
「記憶の風景」をテーマに絵を描いてください。
 
 
 
 
10/4(土)
工芸科:立体/粘土
課題㈵ 9:30〜15:00講評(約5時間制作)   
㈰モチーフ「ダンボール」を切る、折る、切り込みを入れて折る、毟る、箱のようなものをつくる…のように自由に加工した形体をつくり、それを模刻。
㈪モチーフ「りんご」を模刻。
上記の㈰と㈪を粘土板上に模刻構成してください。
 
課題㈼ 15:30〜20:30(約4時間制作)
モチーフ「ホース」の模刻と「任意の形体」を構成してください。
 
 
 
デザイン科
課題㈵ :立体/粘土9:30〜15:00講評(約5時間制作) 
「粘土」と「ピンポン玉(現物:白色)」を素材に用いて、「触れる(ふれる)」をテーマにつくってください。
*ピンポン玉は一人6個まで。
 
 
課題㈼:立体/ケント紙またはケント紙#400 15:30〜20:30(約4時間制作)
 
指定された技法と構造で「自然」をモチーフにつくる。→詳細は前日に説明します。
 
[概要] xcm×ycmの方形の紙面を上記のテーマを感じさせる図(柄)をデザインしそれを切り貫き、それと相似なものを数枚つくる。それらを「層」になる構造で組み立てる。
[準備] 切り絵をイメージしてください。例:水の流れをイメージさせる図、細胞をイメージさせる図の切り絵など。
 
 
 
油画科9:30〜20:30
素描 / 画面→木炭紙大以上 / 画材→自由(油彩でもいいです)
「セットされたモチーフから想像される世界」を描いてください。→モチーフは前日にセットします。
 


10月第1週
大磯校
9/30(火)17:30-20:30西村
デザイン/石膏6時間
工芸/石膏6時間
日本画/石膏6時間

10/1(水)13:30-20:30里
デザイン
「巣」をテーマに立体造形。


工芸
モチーフ、「牛乳瓶」「サザエ貝殻(大)」を矩形の台を変形させた
形状のものと組み合わせて立体構成。
*台の変形とは、曲げる、ねじる、伸ばす、潰すなど。
 台の大きさ、比率は自由。

日本画/石膏6時間

10/2(木)17:30-20:30吉田
色彩構成
・テーマ「秋の入り口」
・モチーフは自分で探してくる
*コンセプトの一部として、出来上がった作品にひとつだけ香りを付けられるとしたら何の香りを忍ばせるか?
(実際に付けるわけでは無いので、想像を膨らませて。)

10/3(金)17:30-20:30加藤
デザイン/石膏3時間x2
工芸/石膏3時間x2
日本画/着彩2日間2日目

10/4(土) 9:30-16:30武田(~20:30自習課題)
デザイン/石膏
工芸/石膏
日本画/着彩(9時間)